被災地の動物たちのこと、
また、急に人間がいなくなってしまった土地で
孤独に取り残されている動物たちのこと。

家族として犬や猫と暮らしている方は既にご存知かもしれませんが
被災地、原発周辺に残された動物達の救済が日々行われています。

キャットシッター仲間で先輩、治田さんより
具体的なお知らせをいただきました。

被災地動物の報告(ねこじゃら日記より)
http://39cat.at.webry.info/201104/article_5.html

被災した動物たちには、家族がいる場合と
もしかしたら家族が戻ってこない場合、
そして、やむなく手放す場合もあると思います。

そのため、一時預かりを申し出て下さる方は
『その後、終生一緒に暮らすことになる覚悟』と同時に
家族の生活が落ち着き、家族のもとに帰れることになった時に
『手放す覚悟』も必要になります。
「手を貸せそう」という方がいらっしゃいましたら是非に…。

また報告内ある日向さんから動物たちを受け入れる場合は
犬も猫も、避妊去勢・ワクチン・血液検査・健康診断・
マイクロチップ・フェラリア駆除など、
全て済んだ子たちになります。またそれらの費用は
義援金によってまかなわれているため、負担は不要です。
預かり後にかかる動物達の生活費用が負担となります。

お申し出や、この件に関するご質問などは
リンク先の連絡先へ直接お問い合わせ頂けますと、早いです!

もう一つ。。
動物達に使ってもらえるよう義援金を送りたいがどこがいいか…
と悩まれご相談下さるお客様が幾人かいらっしゃいました。
何か、何かしたい、というお気持ちにあたたかくなりました(^-^)

治田さんとも確認を取り合いましたが、
社会的な信用においては4つの団体による緊急災害時動物救援本部が、
今後長期になるであろう
支援を考えると確実かもしれません。
ただやはりシェルターを自分で持っている団体は
救済・直接の保護への動きは早く、小回りがきく印象があるそうです。
仮設舎を建築中だというNPO法人のお話も聞きました。

動物たちのための義援金をお考えの方は、
どの団体が、現在何をしてるか、今後どんな活動をするのか
そのなかで義援金がどのように使われるのか
ご自身で見極め、選択されると良いかと思います。

皆さんのお気持ちが重なって、一匹でも多くの動物達が
ゴハンをたくさん食べて幸せな気持ちになれるよう
心から祈っています。






JUGEMテーマ:ペット





Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Selected Entry

Search

キャットシッターまんまる

Archive

Link

Profile

Mobile

qrcode

Comment

  • きゃぴきゃぴ元気な山下さんと、静かで多弁なゴンさん
    いとう
  • きゃぴきゃぴ元気な山下さんと、静かで多弁なゴンさん
    gonhaha
  • シャイな二人でいい 茶々くん ショウちゃん
    いとう
  • シャイな二人でいい 茶々くん ショウちゃん
    高橋
  • シャイな二人でいい 茶々くん ショウちゃん
    ショウ茶々世話係
  • 幸せはこぶモコモコさん、ロアちゃん
    いとう
  • 幸せはこぶモコモコさん、ロアちゃん
    pinmu
  • あけましておめでとうございます!
    いとう
  • 集まれ〜! ハナちゃん モモちゃん レオくん ネネちゃん メルちゃん シオンちゃん ナッツくん
    タカハシ
  • 新年のご挨拶
    いとう

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM