先日の日曜日は、大先輩でありながらも
同い年で頼りになる楽しいお友達、
CSMOONのリエさんの結婚式でした♪



も〜とにかく綺麗だ〜そしてカワイイ!
そんでもって笑顔!超絶笑顔!!
満面の笑み絶えずなキューティーりえ。
ふたりともずっとニコニコ楽しそうで
幸せ気分をたくさん分けてもらいました。



よゆうのピース。お肌つるつ〜る〜。
お姫サマみたいですぞーこいつめ!
右はスピーチするCSはるたの治田さん。
左にいるのはプロのカメラマン…ではなくて
CS川の手の栗原さん。
栗原さん、本気モードなカメラ持ってて凄い!

そして式にはあの伝説(?)の方も!



高木ブーさん率いるハワイアンバンド、
ニューハロナの演奏がぁああ〜〜!
ドリフでガハガハ笑っていた世代なので
間近で美声が聞けてウットリでした。

「お幸せにね」と
ブーさんから祝福をうけるご夫妻。
おぉ〜絶対幸せになるぞこれは〜〜

CSよもねこの鈴谷さん
ちゃっかり一緒に写真を撮ってました!
やるなぁ。

久しぶりにキャットシッター仲間とも会えて
楽しい美味しい1日でありました。
リエさん本当におめでとう!




お友達のデノカミイマコさんが
撮ってくれた写真を
HPの自己紹介写真にしました。
へへへのへ。ステキでしょ。

コニカミノルタ主催、2006年度の
「フォト・プレミオ」で特別賞となったイマコさんが
昨年の春から約一年かけて
「30〜be thirty years old〜」
という作品を撮り続けていました。
イマコさんと同じく、30歳という節目を
迎えたさまざまな人生を追っていて
私の写真も撮ってくれたのでした。

ものすごく手軽にばしゃばしゃと
本能のままに(?)撮るイマコさん。
賞を撮った写真を見ていて
人がいる空間や雰囲気を撮るのが
上手だなーと思いました。
どんどん撮って、これからその写真は
どう変わっていくのだろうか。楽しみです。

この受賞作品展での
同じく特別賞の木内美羽さんの作品が
これまた面白くて新鮮でした。

経験や時や自然の移りを受け、
ただそこに在ったものを部分で切り取る。
在るものも淡々としていて、
撮るほうも淡々としている印象ですが
目的とひたすらな執着が理解できる気がして
私の嗜好が騒ぎました。

さらに撮ってる場所が、なじみ深い地名…
あのあたりに、こんな「部分」があったなんて。
話すと、江東区をこよなく愛する方でした。
わかるなぁ。いいよねぇ。

面白い写真を残すひとには
どんどんどんどん
撮って欲しい。と思うものだなぁと
感心しました。





ツバメ丼…


ひたすら静かにジーっと時を待ち
親鳥がくれば烈火のごとき催促!

かわいい…

駅や、コンビニや、ビル入口や
様々なところで発見するツバメ丼。
ウンチョが落ちるとこに
キチンとした箱が用意されてたりして
対処されるかたは大変だと思いますが
ちょっと微笑ましくなります。







先週は南里ボスと支部シッターズが集まり
キャットシッター懇親会が開かれました。

いつも独自のポジティブさで
皆より一段階上を見て邁進する南里ボス
元気なチャーミング笑顔の頼れる先輩、治田さん
しっかり者でユーモア溢れるギャグ、清水さん
サバサバトークで満点まんまる笑顔の石塚さん
天然炸裂な踊るシッター、塩野(薩見)さん
ほんわり優しげな笑顔で可愛い、鳥羽ちゃん
ふんわりしゃべりなママさん、阿部さん
私がボケなら貴女はツッコミ、冴えてる高沢さん
私がツッコミなら貴女はボケ、愉快な鈴谷さん

ほんと、個性豊か人間がそろってるな〜
というキャットシッターズです。

ちなみにこの日は明治神宮にて
希望者で集まって商売繁昌祈願をしたのですが
「キャットシャッターはるたぁ〜
キャットシャッターまんまるぅ〜…」
と祝詞の中で朗々と読み上げられてしまいました。
シ、シャッターになっちゃったよ…?
みんな思わず笑ってしまい、肩がふるえる…
「…ぶふっ!!」と
我慢できず吹き出したのは治田さんでした。
私じゃないですよ!私も笑ったけど!


事務所でがんばってチビちゃんを
写真におさめようとする塩野さん。
「ちびちゃ〜ん、こっちこっち、ああぁ」
塩野さんのブログの写真
このように撮られたものでした…ふふふ。

接待上手なチビちゃん、皆の膝を渡り歩き♪
元気によく歩くので撮るのに苦労してましたが
キレイに撮れてますね、塩野さん!

会食や事務所での会議にて
お客様にとって、安心で、無駄のない
よりよい形での助け合いってどんなだろう、とか
さまざまな現場でのこと、情報交換、などなど
先輩や後輩、それぞれの疑問点・提案。
勉強になるな〜、楽しいな〜と
あっという間に過ぎた数時間でした。


春ですね。ちらほら桜も咲いています。
お休みになった日を利用して
先日映画やら展示会やらウロウロしてきました。

 NARA:奈良美智との旅の記録

ものすごく好きなアーティスト、
というわけでは無かったのですが
映画のCMを見たことで興味を持ちました。

あの一枚の絵の中に、これだけの秘密と思案が
たくさんの色とで重ねられてることを初めて知りました。
多くの人が感じ入り、感動するのはそのためか。
絵って、絵なのに、物理的に平面なのに、
潜るような深さを刻む情念がすごい。

なんだかファンにモテモテで
「結婚は?結婚は?」と聞かれていた奈良さん。
結婚はしなくて良いと思いました。したとしたら
また違う新しい絵がうまれるとは思うのですが。

むやみやたらにまっすぐでシンプル。
観ていて涙がでるほどでした。
「この子にとって奈良さんとの出会いは日常です」
という言葉が一番印象に残っています。

 不都合な真実

NEWS23での特集で初めて知った、
アメリカ元副大統領アル・ゴアさんのドキュメンタリー。
その特集でも地球温暖化の現状を映像交えて
説明されていましたが、その特集でさえ
ほんの一部の詳細だったと血の気が引きました。
恐い。素直に恐いです。
将来地球で生き物が住めなくなることも
そうですが、今も自分の行動が破壊に
加担しているかもしれない事実が恐い。
そして言う資格があるかわかりませんが、悲しいです。

できることからやるしかありませんが
今すぐからできることって沢山ありました。
映画館でもレンタルされてからでも
観られることをオススメしたいです。

 笑い展/日本美術が笑う展

笑ってる埴輪に惹かれて行きました。
とっても幸せそうな埴輪が並んで…楽しそう。
途中、「これ笑ってるんですか??」
というのも少なからず…。

笑い展のほうは
「現代アートにみる『おかしみ』の事情」
とあるようにアホっぽくて笑えるアート続出。
たまに寒い…。それもまた一興です。
みんな自由に自分のフェチズム追求中。

一番驚いて「ひぃ!」と声に出してしまったのが
あったのですが、作品名と作者名をメモし忘れました。
どんなだったか言っちゃうとネタバレでつまらないので
いいません。ってそれじゃなにかなんだか…
細長い廊下のすみでカタカタ動くんです、カタカタ…

くだらなくて(私見です…)面白くて、なんだか
広くて新しくて綺麗できちんとした森美術館よりも
もっとキャイキャイ騒いだ文化祭のよ〜な
雰囲気のとこでやるほうが合いそう。でした。
ジョン・ウッド&ポール・ハリソンという方の
ふたりのスペースにはすっかり手篭めにされました。

 グレゴリー・コルベール
『animal totems: a prelude to ashes and snow』


同じ森美術館で、お台場ノマディック美術館で開催中の
グレゴリー・コルベール/ashes and snow展
大規模な広告展?みたいなのがありました。

荘厳。これはどういうことなのだろう?
ひたすらに、打ちのめされてゆきます。
早くお台場へ行かなくてはと思いました。
ちなみにココでお台場のチケット1900円が
900円で販売されていました。安!


最後は映画館前のロッキーと記念撮影です。


「自分を諦めない!」ってありました。
ずん、ちゃららーらーーらーららーららららー…
(ロッキーのテーマ)




突如オニギリ山の画像で失礼します…

先日、学生時代の友人達が集まり
「闇ニギリの会」が行われました!
闇鍋のオニギリ版です。

一昔前、私は闇鍋に凝った時期がありました。
どこかで誰かと集まる機会があればそのたびに
「闇鍋しようか!」と男らしく誘ったものです。

入れる具材にもそれぞれの個性が出てとても楽しいのです。

酒好きの友人はさきいかを入れました。
良いダシが出ましたが鍋からそれが出てきた時は
ゾッとしました。
3月3日に催された時はひなあられを粋に散らしましたが
溶けました。
アクが凄いなと思ったら、ゴーヤのぶつ切りが出てきました。

何を入れたか後で聞くのですが、入れたはずなのに
見当たらない具は全て溶けているようでした…
「溶けるものは禁止」とルールを作りましたが
意外なものが意外と溶けます。
気をつけねばなりません。

先日の集まりではそれ以来闇づいていて
闇餃子、闇カレーと続き今回は闇オニギリとなりました。
皆でそれぞれ自慢の具をもちより、お米を炊いて
もぎゅもぎゅ、もぎゅもぎゅ、もぎゅもぎゅ
ひたすら握ります!
そして出来上がったものが写真のオニギリ山。
お新香とお味噌汁も準備して、なんとも美味しそう!

右上に若干名、冒険してる子が。
生ハムやとろろ昆布が、巻かれていました…斬新。

たまに祭りの如きイベントを大人数で催すのは楽しいですね!
また子供みたいなことをして騒ぎたいな。

ちなみに闇鍋は様々なものが浮いていても
煮始めは結構美味しくいただけます。
実行するときは手早く完食しましょう!




門前仲町のちょいと裏。
井戸がありました。
と、あともちろん猫も。

キミはここで水を飲んだりしてるのかや?

この井戸はいつからこの街を見てるんでしょうか。
冷たい水が勢いよく出ました。



ハッと気付いたら
前回の更新からもう一週間経っておりました。
わたしはどこ?ここはだれ?という速さです…

11月に、シッターを始める前の仕事先で先輩だった
グラフィックデザイナーの中井有紀子さんと一緒に
浅草の酉の市に行ってまいりました。
自営仕事の発展を願い、熊手をいただきに。

開業した昨年が初めての酉の市でしたが、
豪華絢爛なお祭りテンションに
きゃほー!と子供のように嬉しくなったものでした。


で、このちっこいのはその昨年購入したもの。
次の年、新しくするたび大きくしてくのだと聞き
「じゃ一年目は小さいのにしなくちゃ…!」
と、とにかく一番小さいのを選んで買ってみたのですが
小さすぎですね…。
でもほら猫ちゃん、いるんです。


そしてこれは今年の熊手です!
…微妙に大きくなっております。
この微妙な差にほくそ笑んでおります。

これから5年10年と続ける仕事なので
いまはこれでオッケーなのです!

他に、見つけてちょっとウキウキしたもの↓


サブちゃん!


いしはら軍団!


お天気の森田さんまで!


縄に顔面が埋もれてる熊手が、た、たくさん…
とても惹かれましたが部屋には飾れないと思いました…

熊手も趣向を凝らした個性ものも多いです。
また来年が楽しみです。




かぶってみたいヘルメット。
やすらぎを振りまきつつ走るんだね・・・

11月はブログの更新が滞ってしまったので
ご紹介するはずだったお留守番中の猫さんを
3日連続でお届けしました♪

会員さまには支部通信『Cat Sitter MANMARU News』も
もうすぐお届けします。いましばらくお待ち下さいませ。。

HPトップでもお知らせしておりますが
冬期繁忙期は12/23〜2007/1/7までとなります。
おかげさまでこの時期のご依頼が
予定の半分以上、埋まり始めました。
ご予定のお客さまはお早めにお申し込み下さいませ〜。


とある駅構内のトイレにて。



ふいうちでした・・・

そうだね、化粧は綺麗にしなくちゃね!
あ、トイレもね!

こういうのを公共の場に貼るのって
勇気がいると思う。
それか自分のユーモアに相当自信があるか…

ふいうちユーモア、好きです。



Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Selected Entry

Search

キャットシッターまんまる

Archive

Link

Profile

Mobile

qrcode

Comment

  • きゃぴきゃぴ元気な山下さんと、静かで多弁なゴンさん
    いとう
  • きゃぴきゃぴ元気な山下さんと、静かで多弁なゴンさん
    gonhaha
  • シャイな二人でいい 茶々くん ショウちゃん
    いとう
  • シャイな二人でいい 茶々くん ショウちゃん
    高橋
  • シャイな二人でいい 茶々くん ショウちゃん
    ショウ茶々世話係
  • 幸せはこぶモコモコさん、ロアちゃん
    いとう
  • 幸せはこぶモコモコさん、ロアちゃん
    pinmu
  • あけましておめでとうございます!
    いとう
  • 集まれ〜! ハナちゃん モモちゃん レオくん ネネちゃん メルちゃん シオンちゃん ナッツくん
    タカハシ
  • 新年のご挨拶
    いとう

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM